コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関藤藤陰 せきとう とういん

美術人名辞典の解説

関藤藤陰

儒者・漢学者備中吉浜の人。名は成章、字は君達、通称は文兵衛。頼山陽に学び、備後福山の阿部侯に仕え、累進して報政に進んだ。晩年、山陽未完の『日本政記論』を補輯した。明治9年(1876)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関藤藤陰 せきふじ-とういん

せきとう-とういん

関藤藤陰 せきとう-とういん

1807-1876 幕末の武士,儒者。
文化4年生まれ。関藤政信(まさのぶ)の子。関政方(まさみち)の弟。一時石川姓を称す。頼(らい)山陽にまなび天保(てんぽう)14年備後(びんご)(広島県)福山藩儒官となる。のち家老に就任,幕府老中となった藩主阿部(あべ)正弘を補佐した。明治9年12月29日死去。70歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。名は成章。字(あざな)は君達。通称は和助。著作に「観国録」「蝦夷(えぞ)紀行」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関藤藤陰の関連キーワード五十川訒堂寺地強平石川和助儒者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android