コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関藤藤陰 せきとう とういん

3件 の用語解説(関藤藤陰の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

関藤藤陰

儒者・漢学者。備中吉浜の人。名は成章、字は君達、通称は文兵衛。頼山陽に学び、備後福山の阿部侯に仕え、累進して報政に進んだ。晩年、山陽未完の『日本政記論』を補輯した。明治9年(1876)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関藤藤陰 せきふじ-とういん

せきとう-とういん

関藤藤陰 せきとう-とういん

1807-1876 幕末の武士,儒者。
文化4年生まれ。関藤政信(まさのぶ)の子。関政方(まさみち)の弟。一時石川姓を称す。頼(らい)山陽にまなび天保(てんぽう)14年備後(びんご)(広島県)福山藩の儒官となる。のち家老に就任,幕府老中となった藩主阿部(あべ)正弘を補佐した。明治9年12月29日死去。70歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。名は成章。字(あざな)は君達。通称は和助。著作に「観国録」「蝦夷(えぞ)紀行」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関藤藤陰の関連キーワード古武士風の武士磯淳小寺嘉兵衛高田吉近中井長居堀庄次郎松平大膳三間半二湯川庄蔵

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone