コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五姓田芳柳(初代) ごせだ ほうりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五姓田芳柳(初代) ごせだ-ほうりゅう

1827-1892 幕末-明治時代の洋画家。
文政10年2月1日生まれ。はじめ狩野派や浮世絵をまなぶ。長崎でみたオランダ画に感動し,和洋折衷(せっちゅう)の手法を工夫する。横浜絵とよばれる肖像画や風俗画をえがいた。次男の義松,長女の渡辺幽香(ゆうこう)も洋画家。門下に山本芳翠(ほうすい)らがいる。明治25年2月1日死去。66歳。江戸出身。本名は浅田岩吉。作品に「明治天皇御影」「西南役大阪陸軍病院施術図」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五姓田芳柳(初代)の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android