コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本芳翠 やまもとほうすい

8件 の用語解説(山本芳翠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本芳翠
やまもとほうすい

[生]嘉永3(1850).7.5. 美濃,恵那
[没]1906.11.15. 東京
洋画家。本名,為之助。初め京都で南画を学び,のち横浜へ移り五姓田芳柳工部美術学校で A.フォンタネージに師事。また C.ワーグマン五姓田義松の感化をも受けた。 1878年渡仏。 L.ジェロームに師事して 88年帰国,フランス風の画塾生巧館を創立するとともに,明治美術会の創設や白馬会の結成をも助けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまもと‐ほうすい〔‐ハウスイ〕【山本芳翠】

[1850~1906]洋画家。美濃の人。本名、為之助。五姓田(ごせだ)芳柳に学び、のち洋画に転じて渡仏。帰国して生巧館画塾を開く。明治美術会白馬会の創立に参加。門下に藤島武二らがいる。代表作に「臥裸婦」「浦島」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山本芳翠【やまもとほうすい】

洋画家。美濃生れ。本名為之助。京都で南画を,横浜で初世五姓田芳柳に洋画を学び,1876年工部美術学校に入ってフォンタネージの指導を受けた。1878年―1887年フランスに留学。
→関連項目久米桂一郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本芳翠 やまもと-ほうすい

1850-1906 明治時代の洋画家。
嘉永(かえい)3年7月5日生まれ。五姓田芳柳(ごせだ-ほうりゅう)にまなぶ。のちフランスでレオン=ジェロームに師事。明治21年生巧館画学校をひらいて後進を指導。また明治美術会,白馬会の創立に参加した。明治39年11月15日死去。57歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。工部美術学校中退。本名は為之助。別号に楳谷,生巧。代表作に「臥裸婦」「浦島」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山本芳翠

没年:明治39.11.15(1906)
生年:嘉永3.7.5(1850.8.12)
明治期の洋画家。美濃国(岐阜県)明智生まれ。幼名為蔵,のち為之助。別号に楳谷,生巧など。京都で南画を学んだのち,明治5(1872)年横浜で五姓田芳柳の門下となり洋画を学び芳翠と号した。9年工部美術学校に入学するが翌年退学し,第1回内国勧業博覧会に出品し花紋賞を受ける。11年松方正義に従い渡仏,パリで古典派のレオン・ジェロームに師事した。ビクトル・ユゴー,テオフィル・ゴーティエなど交友も広く,18年にはパリで個展を開催。滞仏中黒田清輝に画学転向を勧めた。21年帰国し桜田本郷町に生巧館画学校をおこし,藤島武二らを指導,白馬会の創立会員となった。代表作品に「臥裸婦」「浦島」などがある。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまもとほうすい【山本芳翠】

1850‐1906(嘉永3‐明治39)
洋画家。岐阜県明智町に生まれる。はじめ京都に出て久保田雪江に南画を学ぶ。その後,横浜で五姓田芳柳につき,緻密な写実的描法による肖像画を描く。1876年工部美術学校の開設とともに入学し,フォンタネージの指導を受け,78年パリ万国博事務局雇としてフランスに渡る。古典派のレオン・ジェロームに師事,フランス絵画の伝統的な写実主義の様式を学び,約10年に及ぶ留学中にユゴー,ゴーティエなどの文学者たちとも親交を結んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまもとほうすい【山本芳翠】

1850~1906) 洋画家。岐阜県生まれ。五姓田ごせだ芳柳に学ぶ。渡仏後生巧館画塾開設。明治美術会・白馬会に参加。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本芳翠
やまもとほうすい
(1850―1906)

洋画家。嘉永(かえい)3年美濃(みの)国(岐阜県)に生まれる。幼名為蔵、為之助。初め京都に出て南画を学び、1872年(明治5)横浜で五姓田芳柳(ごせだほうりゅう)に入門、洋画に転じる。76年工部美術学校に入学してフォンタネージの指導を受け、翌年の第1回内国勧業博覧会に出品、花紋賞を受け、宮内省買上げとなる。78年パリ万国博事務局雇として渡仏し、国立美術学校に入ってレオン・ジェロームに師事し、87年帰国する。翌年合田清(ごうだきよし)とともに生巧館(せいこうかん)画学校を開いて後進の指導にあたり、89年同志と明治美術会を創立。のち黒田清輝(せいき)の白馬(はくば)会創立に参加する。日清(にっしん)戦争、日露戦争に従軍し、記録的戦争画を描いた。画風はフランス流に洗練されたアカデミズムを示す。生巧館門下に藤島武二(たけじ)、白滝幾之助(しらたきいくのすけ)、湯浅一郎らがいた。代表作に『裸婦』『西洋婦人像』『十二支』がある。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山本芳翠の言及

【ジェローム】より

…長い中近東生活で身につけた鮮やかな色彩と,冷たく理想化された仕上げとで人気は高かったが,ときに旧弊に陥った。日本人では山本芳翠などが師事した。【馬渕 明子】。…

※「山本芳翠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本芳翠の関連キーワード岐阜県大垣市青野町岐阜県恵那市明智町岐阜県美濃市泉町岐阜県美濃市笠神岐阜県美濃市上野岐阜県美濃市曽代岐阜県美濃市殿町岐阜県美濃市前野岐阜県美濃市横越岐阜県美濃市蕨生

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本芳翠の関連情報