コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五弓久文 ごきゅう ひさぶみ

1件 の用語解説(五弓久文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五弓久文 ごきゅう-ひさぶみ

1823-1886 江戸後期-明治時代の儒者。
文政6年1月24日生まれ。生家は備後(びんご)(広島県)府中八幡宮神職。後藤松陰,斎藤拙堂に師事し,昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。文久3年備後福山藩士となり,藩校誠之館でおしえる。維新後は太政官修史局などに出仕。40年余をかけ,近世の伝記記事をあつめ「事実文編」を編集した。明治19年1月17日死去。64歳。字(あざな)は士憲。通称は豊太郎。号は雪窓など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五弓久文の関連キーワードナンバースクール木村嘉平岩石区荘厳ミサ曲シーボルトロゼロ菅野序遊科学史白河藩オストロフスキー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone