コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五弓久文 ごきゅう ひさぶみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五弓久文 ごきゅう-ひさぶみ

1823-1886 江戸後期-明治時代の儒者。
文政6年1月24日生まれ。生家は備後(びんご)(広島県)府中八幡宮神職。後藤松陰,斎藤拙堂に師事し,昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。文久3年備後福山藩士となり,藩校誠之館でおしえる。維新後は太政官修史局などに出仕。40年余をかけ,近世の伝記記事をあつめ「事実文編」を編集した。明治19年1月17日死去。64歳。字(あざな)は士憲。通称は豊太郎。号は雪窓など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五弓久文の関連キーワード朝川善庵市野光彦平山子竜柴野栗山尾藤二洲佐藤一斎松崎慊堂平井澹所黒沢雉岡明治時代原念斎儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android