コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五所 平之助 ゴショ ヘイノスケ

20世紀日本人名事典の解説

五所 平之助
ゴショ ヘイノスケ

大正・昭和期の映画監督,俳人



生年
明治35(1902)年2月1日

没年
昭和56(1981)年5月1日

出生地
東京市神田区鍋町(現・東京都千代田区)

本名
五所 平右衛門

別名
俳号=五所亭

学歴〔年〕
慶応義塾商工学校〔大正10年〕卒

主な受賞名〔年〕
ベルリン国際映画祭国際平和賞〔昭和28年〕「煙突の見える場所

経歴
大正12年松竹蒲田撮影所に助監督として入社、島津保次郎監督に師事して14年「南島の春」で監督デビュー。昭和6年日本で初めての本格的トーキー映画マダムと女房」を発表。無声映画時代から戦後まで、監督した作品は約100本。代表作に「村の花嫁」「伊豆の踊子」「人生のお荷物」「新雪」「今ひとたびの」「煙突の見える場所」(28年のベルリン国際映画祭で入賞)「大阪の宿」「挽歌」「蛍火」「恐山の女」などがある。39年から16年間、日本映画監督協会理事長。五所亭の俳号での俳句も有名で、句集に「五所亭俳句集」「句集・生きる」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

五所 平之助 (ごしょ へいのすけ)

生年月日:1902年2月1日
大正時代;昭和時代の映画監督;俳人。日本映画監督協会理事長
1981年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

五所 平之助の関連キーワード鶏はふたたび鳴く植草 圭之助黄色いからす小林 十九二八雲 恵美子愛と死の谷間千之 赫子兵藤 静枝松竹(株)調所 五郎伊達 里子服部 哲治龍田 静枝徳大寺 伸佐野 周二成瀬巳喜男たけくらべ女と味噌汁小市民映画三浦光雄

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android