コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五節の舞 ゴセチノマイ

大辞林 第三版の解説

ごせちのまい【五節の舞】

国風歌舞くにぶりのうたまいの一。大歌の伴奏により五節の舞姫が舞う。室町時代に廃すたれたが江戸中期に復興、近代では大正・昭和の即位式典で改作された形で演じられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五節の舞の関連キーワード帳台の試み火取りの童五節の童女御前の試み豊明節会室町時代源行任五節殿五節所童御覧裙帯乙女小歌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android