コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五節の舞 ゴセチノマイ

大辞林 第三版の解説

ごせちのまい【五節の舞】

国風歌舞くにぶりのうたまいの一。大歌の伴奏により五節の舞姫が舞う。室町時代に廃すたれたが江戸中期に復興、近代では大正・昭和の即位式典で改作された形で演じられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

五節の舞の関連キーワード帳台の試み火取りの童五節の童女御前の試み豊明節会室町時代源行任童御覧五節殿五節所乙女裙帯小歌

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android