コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大歌 おおうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大歌
おおうた

日本の古代宮廷歌謡のうち,祭儀に用いられたものの総称平安時代には大歌所が管理し,歌人,歌女たちがそれを伝承した。当時としても古風な様式をもっており,世俗的で当世風な「小歌」と対置されていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大歌【おおうた】

日本古来の歌で,神楽(かぐら)歌催馬楽(さいばら),風俗歌などの総称。9世紀ころ雅楽とは切り離して大歌所の管轄とされた。歌詞は記紀歌謡や,《古今集》巻20大歌所御歌,《琴歌譜》などにみられる。
→関連項目小歌

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おおうた【大歌】

天皇即位の式典行事で奏される国風歌舞くにぶりのうたまいの一。舞は五節ごせちの舞という。 ↔ 小歌
「大歌所」の略。また、その楽人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大歌
おおうた

宮廷の公儀、すなわち正月・白馬(あおうま)・踏歌(とうが)などの節会(せちえ)、大嘗会(だいじょうえ)・新嘗祭(にいなめのまつり)などに用いられる謡物(うたいもの)の総称。民間で謡われる小歌(こうた)(民謡)に対する語。大歌は、古来伝誦(でんしょう)された歌謡・民謡のうち、風調雅正なものが採択された。記紀に曲名などを示して所収された歌謡の大部分は、第一次の大歌と認められ、『古今和歌集』巻20の大歌所御歌(おおうたどころのみうた)、神遊(かみあそび)の歌、東歌(あずまうた)は、第二次の大歌の大要をとったものと思われる。これらはすべて大歌所で教習されたものと思われる。大歌所御歌はさらに、大直毘(おおなおび)の歌、倭舞(やまとまい)の歌、近江(おうみ)ぶり、水茎(みずくき)ぶり、しはつ山ぶりに細別されるが、古態を存する大直毘の歌は次のようである。「新しき年の始めにかくしこそ千年(ちとせ)をかねてたのしきを積(つ)め」。[橋本不美男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大歌の言及

【大歌所】より

…大歌を教習する所。雅楽寮の歌師・歌人・歌女の〈歌〉には,立歌(たちうた)と大歌の別があり,大歌とは古代宮廷の祭祀や節会に用いられた歌謡をいい,舞を伴うものもあった。…

【雅楽】より

…舞楽と管絃とは,舞の有無だけではなく,音楽的にも様式を異にするが,本来舞楽曲であるものを,舞を省いて管絃の様式で演ずることがあり,これを〈管絃舞楽〉という。(2)の神道系祭式芸能には,〈神楽(御神楽(みかぐら))〉,〈東遊(あずまあそび)〉,〈大和(倭)歌―大和(倭)舞〉,〈久米歌―久米舞〉(第2次大戦後奏演されていない),〈大歌(おおうた)―五節舞(ごせちのまい)〉(1955年以後の奏演はない),〈誄歌(るいか)〉の6種目がある(このほか〈吉志舞(きしまい)〉〈田歌〉も《明治撰定譜》にあるが,現在は演じられていない)。これらの多くは,はるか古代から民族固有の芸能として行われていたが,大陸系鑑賞芸能の渡来を契機として組織,制度化された。…

【小歌(小唄)】より


[中世小歌]
 主として室町時代の中期以後に,平安時代や鎌倉時代の催馬楽,今様,宴曲(早歌(そうが))などの歌謡に代わって,広く公家,武士,僧侶,庶民の各階層間に愛唱された自由律の比較的短小詩型の流行歌謡。小歌の名称は,古く981年(天元4)写の《琴歌譜》に,〈自余ノ小歌ハ十一月ノ節ニ同ジ〉とか,《江家次第(ごうけしだい)》1111年(天永2)11月中の丑日,五節帳台の試(こころみ)の条に,〈大哥小哥声ヲ発スルコト恒ノ如シ〉,《雲図抄・裏書》1122年(保安3),五節次第・丑日の条に,〈次イデ大歌歌笛ヲ発シ,小歌相和ス〉とあるように,平安時代の記録に見える〈小歌〉は,本来,新嘗祭または大嘗祭の陰暦11月,中の丑日に行われる〈五節舞(ごせちのまい)〉のとくに帳台の試の際,大歌(人)が発する歌笛の伴奏に対して,出歌(いだしうた)を唱和するところの小歌(女官)という職掌名を指したものである。言い換えれば小歌とは,もともと大歌(おおうた)という男性楽人に唱和すべき演奏者として,女楽を中心とする〈五節舞〉の帳台の試の儀にのみ登場する女流楽人のことで,またその女声合唱団によって演奏される歌曲の称呼でもある。…

【五節舞】より

…女舞(おんなまい)であり,十二単(ひとえ)に檜扇をもつ5人の婦人によって奏される。その歌を大歌(おおうた)といい,歌詞は〈をとめごが をとめさびすも,からたまを たもとにまきて,をとめさびすも〉。《釈日本紀》その他の伝説によれば,天武天皇が吉野宮で〈こと〉を弾じたとき,天女が降臨して袖を5度翻して舞ったのをかたどった舞という。…

※「大歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大歌の関連キーワード目刺し・目刺小歌(小唄)西園寺公名正親町公明安達の真弓大伴伯麻呂大御葬の歌古今和歌集和田助家大歌始め屋形・館五節の舞雅楽寮神楽歌立ち来かぐら姫小松大和歌鄙振り葼結ふ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大歌の関連情報