コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊明節会 とよのあかりのせちえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊明節会
とよのあかりのせちえ

奈良時代中期以後に整備されたと思われる宮中の重要な年中行事平安時代には,元日,白馬 (あおうま) ,踏歌 (とうか) ,端午とともに五節会 (ごせちえ) の一つに数えられた。その語意は,「とよ」は美称で,「あかり」は酒を飲んで顔の赤らむことをいい,宴会のことをさす。新嘗会 (しんじょうえ) の翌日,すなわち 11月中の辰の日,大嘗会のときはその第3日目の午の日,天皇が豊楽殿 (のちには紫宸殿) で新穀を食べ,皇太子以下諸臣にも賜わり,賜宴ののち舞楽があり,群臣に禄を賜わり,叙位なども行われた。この日,吉野の国栖 (くず) の御贄 (みにえ) 奉献五節の舞なども行われ,舞楽には,吉志舞,王節舞などが演じられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

豊明節会【とよのあかりのせちえ】

古くから宮中で行われた年中行事。新嘗(にいなめ)祭の翌日辰(たつ)の日,天皇が豊楽(ぶらく)殿(のちの紫宸(ししん)殿)に出て,新穀を食し,諸臣にも賜った儀式。
→関連項目節会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよのあかりのせちえ【豊明節会】

豊明は宴会の意で豊明節会とは大嘗祭新嘗祭(にいなめさい)ののちに行われる饗宴をいう。天皇が豊楽院,または紫宸殿に出席して行われる新穀供御の神事。大嘗祭,新嘗祭はともに原則として11月の下の卯の日に行われるが,大嘗祭では次の辰の日を悠紀(ゆき)の節会,巳の日を主基(すき)の節会とし,3日目の午の日が豊明節会となる。新嘗祭では辰の日に行われ,辰の日の節会として知られた。当日は天皇出席ののち,天皇に新穀の御膳を供進。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊明節会
とよのあかりのせちえ

新嘗祭(にいなめのまつり)の後にくる辰(たつ)の日に行う饗宴(きょうえん)で、新穀供御の神事。その年の稲を神に供え、天皇が初めて召し上がる日でもある。天皇が豊楽院(ぶらくいん)あるいは紫宸殿(ししんでん)に出御し、皇太子以下群臣に酒などを賜り、吉野の国栖人(くずびと)たちに歌笛を奏させる。また大歌所(おおうたどころ)の別当が歌人を率いて五節の歌をうたい、五節舞姫が舞台で五節舞を舞う。この行事は大化改新(645)後まもなく、天武(てんむ)、聖武(しょうむ)天皇のころに行われていたが、応仁(おうにん)の乱(1467~77)後一時中絶した。そして1688年(元禄1)に再興されている。その後、1740年(元文5)になると、儀式も完全に再現されるようになった。[山中 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の豊明節会の言及

【大嘗祭】より

…(9)同巳の日,巳日の節会。(10)同午の日,豊明(とよのあかり)節会。終始7ヵ月にわたって行われるが,この祭りの核心をなすのは(7)大嘗宮の儀である。…

※「豊明節会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊明節会の関連キーワード新嘗祭(にいなめのまつり)女楽の拝殿上闇討平忠盛国栖奏源行任久米舞神今食五節舞三角柏山中酒幣朝所

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android