豊明の節会(読み)トヨノアカリノセチエ

デジタル大辞泉の解説

とよのあかり‐の‐せちえ〔‐セチヱ〕【豊明の節会】

奈良時代以降、新嘗祭(しんじょうさい)大嘗祭(だいじょうさい)の翌日に宮中で行われた儀式と宴会。天皇が豊楽殿(ぶらくでん)(のちには紫宸殿)に出て新穀を召し、群臣にも賜った。国栖(くず)の奏五節(ごせち)の舞などが行われ、叙位などがあった。とよのあかり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とよのあかりのせちえ【豊明の節会】

奈良時代以降、新嘗祭にいなめさいの翌日豊楽殿において天皇が新穀を食し、群臣に膳をもてなす宴会。五節の舞などが行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android