五街道・五海道(読み)ごかいどう

精選版 日本国語大辞典「五街道・五海道」の解説

ご‐かいどう ‥カイダウ【五街道・五海道】

江戸時代、幕府の道中奉行の管轄下にあって、江戸を起点とする主要な五つの街道。東海道、中山道、甲州街道、日光街道、奥州街道をいう。
※御触書寛保集成‐二二・正徳六年(1716)四月「右、五海道宿々問屋、年寄間之村々名主、年寄え相触候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android