日光街道(読み)にっこうかいどう

日本大百科全書(ニッポニカ)「日光街道」の解説

日光街道
にっこうかいどう

日光道中ともいう。江戸時代五街道の一つ。江戸から千住(せんじゅ)、草加(そうか)、古河(こが)、宇都宮を経て日光坊中まで20宿(栗橋(くりはし)・中田を二宿、徳次郎宿を三宿に数えると23宿)。宇都宮までは奥州道(おうしゅうどう)を兼ねるが、近世初期までは奥州道とよばれ、宇都宮から日光までが日光街道とよばれた。日光東照宮が完成し日光社参が頻繁になると、江戸―宇都宮間も日光街道とよばれるようになった。成立についてはさだかではないが、1602年(慶長7)に粕壁(かすかべ)、宇都宮が、1606年には草加宿が成立したと伝えられ、東照宮完成のころ街道、宿駅ともに整備されたようである。

[山本光正]

『本間清利著『日光街道繁昌記』(『しらこばと選書 一』1975・埼玉新聞社)』『埼玉県立博物館編『日光道中』(『歴史の道調査報告書3』1985・埼玉県教育委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「日光街道」の解説

日光街道
にっこうかいどう

江戸時代の五街道の一つ。江戸日本橋から千住,幸手 (さって) ,栗橋,小金井,宇都宮,徳次郎を経て日光にいたる約 150kmをいう。日本橋-宇都宮間は奥州街道と重複し,狭義には宇都宮-日光間の約 35km。幸手で日光御成街道今市日光例幣使街道日光西街道日光北街道会津西街道が合流する。今市付近には現在も杉並木が残り,天然記念物に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス「日光街道」の解説

日光街道

東京から栃木県の宇都宮を経て日光へ至る道路。江戸時代に五街道と呼ばれた主要な街道のひとつ。「日本の道百選」(建設省)に選定されている。この街道と、例幣使(れいへいし)街道、会津西街道にまたがる全長37キロメートルの杉並木は「日光杉並木街道」として国の特別天然記念物、かつ特別史跡に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「日光街道」の解説

にっこう‐かいどう ニックヮウカイダウ【日光街道】

東京から宇都宮市を経て日光市に至る道路。江戸時代の五街道の一つ。江戸日本橋を起点として、千住から宇都宮までの一七宿は奥州街道と同じ道を通り、宇都宮から分かれて徳次良・大沢・今市・鉢石を経由して日光に至る。日光道中。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の日光街道の言及

【日光道中】より

…日光街道ともいう。江戸時代の五街道の一つ。…

※「日光街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android