コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上正任 いのうえ まさとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上正任 いのうえ-まさとう

1630-1701* 江戸時代前期の大名。
寛永7年生まれ。井上正利の長男。寛文9年常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主井上家第1次2代。奏者番をつとめ,延宝2年申次(もうしつぎ)の誤りから蟄居(ちっきょ)を命じられたが,翌年ゆるされた。元禄(げんろく)5年美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)藩主井上家初代となる。5万石。元禄13年12月16日死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上正任の関連キーワード井上正長井上正岑郡上藩

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android