コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上玄覚 いのうえ げんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上玄覚 いのうえ-げんかく

1605-1673 江戸時代前期の囲碁棋士。
慶長10年生まれ。中村道碩(どうせき)に師事し,寛永7年井上因碩(いんせき)を名のる。師と上手(じょうず)(7段)として対局した棋譜をのこす。なお最初に因碩を名のったのは玄覚だが,井上幻庵(11世因碩)が系図をかきかえ,道碩を因碩初世,玄覚を2世とし,以下10世まで1世繰りさげている。寛文13年1月14日死去。69歳。通称は古因碩。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上玄覚の関連キーワード井上因碩(2世)井上道砂

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android