コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上静軒 いのうえ せいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上静軒 いのうえ-せいけん

1794-1853 江戸時代後期の儒者。
寛政6年生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩士。桜井東亭・東門に師事し,さらに頼(らい)春水,若槻(わかつき)幾斎にまなぶ。藩校弘道館の教授となり,藩主仙石(せんごく)家の家史などの編修に従事。嘉永(かえい)6年死去。60歳。名は謙。字(あざな)は子静。通称は謙蔵。著作に「但馬続風土記」「静軒集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上静軒の関連キーワード徳川家慶葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽サヴォリペリー桂川甫周図鑑中村仲蔵