コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上鹵滴 いのうえ ろてき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上鹵滴 いのうえ-ろてき

1814-1888 江戸後期-明治時代の奇人。
文化11年8月8日生まれ。阿波(あわ)板野郡斎田(さいた)村(徳島県鳴門(なると)市)で足袋(たび)の製造販売を業とするかたわら,俳句・狂歌今様をつくり,書画を得意とした。棕櫚(しゅろ)でつくった書院にすみ,風流をこのんで奇矯にはしり,花の名前(文字)だけでその花の絵をかいたという。明治21年6月30日死去。75歳。名は正七。別号に大渦道人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上鹵滴の関連キーワード明治時代奇人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android