井上 武子(読み)イノウエ タケコ

20世紀日本人名事典の解説

井上 武子
イノウエ タケコ

明治・大正期の女性 政治家・井上馨の妻。



生年
嘉永3年3月(1850年)

没年
大正9(1920)年3月21日

出生地
上野国田島村(群馬県)

旧姓(旧名)
新田

経歴
実家は、南北朝時代の名称・新田義貞の子孫であるという。はじめ外国判事の中井弘に嫁ぐが、明治2年に離婚。同年、当時大蔵少輔であった井上馨と再婚した。9年夫とともにヨーロッパに渡り、西洋式社交術を修得。その他にも福沢諭吉の愛弟子・中上川彦次郎から英語を学び、社交界に必要不可欠な文学・料理・ファンション・テーブルマナーなどの知識も吸収した。11年に帰国後、外務卿となって欧化政策を進めた夫を助け、鹿鳴館での舞踏会や仮装会・慈善バザーを主催し、日本社交界の華として活躍。欧化政策の破綻後は、家庭人として夫を支えた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android