コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井汲唯一 いくみ ただいち

1件 の用語解説(井汲唯一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井汲唯一 いくみ-ただいち

1829-1866 幕末の武士。
文政12年11月25日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩士。剣術を江戸の斎藤弥九郎にまなび,藩の師範役となる。のち京都で尊攘(そんじょう)運動にくわわり,文久3年藩吏に捕らえられる。津山に送還され,慶応2年4月24日獄中で自刃(じじん)した。38歳。名は貫。号は淡水。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井汲唯一の関連キーワード英学鶴屋南北俚言集覧小笠原只八吉川経幹神山郡廉ポンペ松前崇広シーボルト宅跡

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone