コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井汲唯一 いくみ ただいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井汲唯一 いくみ-ただいち

1829-1866 幕末の武士。
文政12年11月25日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩士。剣術を江戸の斎藤弥九郎にまなび,藩の師範役となる。のち京都で尊攘(そんじょう)運動にくわわり,文久3年藩吏に捕らえられる。津山に送還され,慶応2年4月24日獄中で自刃(じじん)した。38歳。名は貫。号は淡水。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井汲唯一の関連キーワードユゴーピウス8世プロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争ギリシャ独立戦争エンデオズーフ土岐貞範ブース

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android