井狩弥左衛門(読み)いかり やざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井狩弥左衛門 いかり-やざえもん

1844-1901 明治時代の実業家,政治家。
天保(てんぽう)15年10月生まれ。明治12年私財を投じ,郷里の滋賀県北里村(近江八幡(おうみはちまん)市)で荒れ地開墾。15年県で最初の農産物共進会をひらき,18年大津割引会社設立にくわわる。県会議員をへて30年貴族院議員。県農会会頭をつとめた。明治34年5月23日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android