コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井狩弥左衛門 いかり やざえもん

1件 の用語解説(井狩弥左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井狩弥左衛門 いかり-やざえもん

1844-1901 明治時代の実業家,政治家。
天保(てんぽう)15年10月生まれ。明治12年私財を投じ,郷里の滋賀県北里村(近江八幡(おうみはちまん)市)で荒れ地を開墾。15年県で最初の農産物共進会をひらき,18年大津割引会社設立にくわわる。県会議員をへて30年貴族院議員。県農会会頭をつとめた。明治34年5月23日死去。58歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井狩弥左衛門の関連キーワード曲芸正岡子規井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係新聞小説甘糟春女

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone