コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井田譲 いだ ゆずる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井田譲 いだ-ゆずる

1838-1889 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)9年9月22日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩の西洋流砲術教授方。小原鉄心のもとで勤王を主張した。明治3年長崎県知事。翌年陸軍少将。西南戦争では陸軍卿代理をつとめた。のちオーストリア,フランスの公使。16年元老院議官。明治22年11月29日死去。52歳。号は雷堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井田譲

没年:明治22.11.29(1889)
生年:天保9.9.22(1838.11.8)
明治期の陸軍軍人,政治家。大垣藩(岐阜県)藩儒井田徹助の長男。文久3(1863)年西洋砲術教授方。かねて,江戸幕府の政権返上を唱え,明治1(1868)年には佐幕に傾く藩論をおさえるのに活躍した。生野県知事,大蔵大丞などを経て,4年陸軍少将となり,7年広島鎮台司令長官,その後陸軍省第1,4局長を歴任した。西南戦争(1877)では徴募新撰旅団の編成,練兵に当たり,一時陸軍卿代理も務めた。オーストリア,フランス各駐在全権公使ののち,16年から元老院議官に就任した。21~22年には条約改正に反対し,保安条例の廃棄を試み,谷干城,三浦梧楼や日本新聞社との交流も深かった。22年男爵。<参考文献>『大垣市史』,「井田譲関係文書」(国立国会図書館蔵)

(田浦雅徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

井田譲の関連キーワード井田 磐楠井田磐楠明治時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android