コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井田譲 いだ ゆずる

2件 の用語解説(井田譲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井田譲 いだ-ゆずる

1838-1889 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)9年9月22日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩の西洋流砲術教授方。小原鉄心のもとで勤王を主張した。明治3年長崎県知事。翌年陸軍少将。西南戦争では陸軍卿代理をつとめた。のちオーストリア,フランスの公使。16年元老院議官。明治22年11月29日死去。52歳。号は雷堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井田譲

没年:明治22.11.29(1889)
生年:天保9.9.22(1838.11.8)
明治期の陸軍軍人,政治家。大垣藩(岐阜県)藩儒井田徹助の長男。文久3(1863)年西洋砲術教授方。かねて,江戸幕府の政権返上を唱え,明治1(1868)年には佐幕に傾く藩論をおさえるのに活躍した。生野県知事,大蔵大丞などを経て,4年陸軍少将となり,7年広島鎮台司令長官,その後陸軍省第1,4局長を歴任した。西南戦争(1877)では徴募新撰旅団の編成,練兵に当たり,一時陸軍卿代理も務めた。オーストリア,フランス各駐在全権公使ののち,16年から元老院議官に就任した。21~22年には条約改正に反対し,保安条例の廃棄を試み,谷干城,三浦梧楼や日本新聞社との交流も深かった。22年男爵。<参考文献>『大垣市史』,「井田譲関係文書」(国立国会図書館蔵)

(田浦雅徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井田譲の関連キーワード生井順造小原適児島惣次郎坂田虎之助高岡夢堂戸田三弥真鍋斌溝口直亮宮崎荊口山岡熊治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone