コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜寒帯循環 あかんたいじゅんかん Subpolar Gyre、Subarctic Gyre

1件 の用語解説(亜寒帯循環の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

亜寒帯循環

北半球亜寒帯域にある反時計周りの循環で、太平洋では亜寒帯海流アラスカ海流アリューシャン海流東カムチャッカ海流・親潮で形づくられる。北大西洋 では、北大西洋海流が北極海まで北上するために、亜寒帯循環はあまり明確でない。南半球では東西を陸で遮られないので代わりに、亜寒帯域に南極大陸を巡る 南極環流がある。   (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の亜寒帯循環の言及

【海洋大循環】より

…一見してこのモデルにおいて大循環はそれぞれの風帯に対応していくつかの輪を構成していることがわかる。まず一番北側に反時計回りの亜寒帯循環があり,その南には亜熱帯循環が時計回りに流れている。また赤道をはさんでその両側に幅の狭い循環も見られる。…

※「亜寒帯循環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

亜寒帯循環の関連キーワード亜寒帯亜寒帯海流亜寒帯気候アラスカ海流亜寒帯林アラスカ循環西部亜寒帯循環インド洋表層海流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone