コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛と認識との出発 アイトニンシキトノシュッパツ

デジタル大辞泉の解説

あいとにんしきとのしゅっぱつ【愛と認識との出発】

倉田百三の論文集。大正10年(1921)刊。若者が自利と他利との対立に悩み、思想的精進の結果、宗教的ヒューマニズムに至る過程を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいとにんしきとのしゅっぱつ【愛と認識との出発】

評論集。倉田百三著。1921年(大正10)刊。「出家とその弟子」の思想的背景を語り、世界と自己、善と悪、愛と信仰、恋愛と性欲などの問題を内省的に探究。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛と認識との出発
あいとにんしきとのしゅっぱつ

倉田百三の感想論文集。1921年(大正10)岩波書店刊。旧制第一高等学校『校友会雑誌』に発表したものから29歳に至るまでの思索的エッセイ17編を収録してある。肉と煩悩にさいなまれる自己の心情に密着しつつ、善、真理、友情、恋愛、性欲信仰といった、青春の日に一度は直面する人生上の問題を、誠実に受け止め、探求した求道(ぐどう)の書として、阿部次郎の『三太郎の日記』(1914)とともに、多くの青年に読み継がれた。著者の思想的開眼は、西田幾多郎著の『善の研究』に導かれたものである。[高橋新太郎]
『『愛と認識との出発』(角川文庫) ▽折原脩三著『倉田百三の愛と認識の結末』(1969・柏樹社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

愛と認識との出発の関連キーワード倉田 百三侍する細やか親近発動包摂憑依印象集注正善纏綿匂う漫ろ雲居顧眄意欲感触最純存滅讐敵

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android