コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛と認識との出発 アイトニンシキトノシュッパツ

3件 の用語解説(愛と認識との出発の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あいとにんしきとのしゅっぱつ【愛と認識との出発】

倉田百三の論文集。大正10年(1921)刊。若者が自利と他利との対立に悩み、思想的精進の結果、宗教的ヒューマニズムに至る過程を描く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛と認識との出発
あいとにんしきとのしゅっぱつ

倉田百三の感想論文集。1921年(大正10)岩波書店刊。旧制第一高等学校『校友会雑誌』に発表したものから29歳に至るまでの思索的エッセイ17編を収録してある。肉と煩悩にさいなまれる自己の心情に密着しつつ、善、真理、友情、恋愛、性欲、信仰といった、青春の日に一度は直面する人生上の問題を、誠実に受け止め、探求した求道(ぐどう)の書として、阿部次郎の『三太郎の日記』(1914)とともに、多くの青年に読み継がれた。著者の思想的開眼は、西田幾多郎著の『善の研究』に導かれたものである。[高橋新太郎]
『『愛と認識との出発』(角川文庫) ▽折原脩三著『倉田百三の愛と認識の結末』(1969・柏樹社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

愛と認識との出発の関連キーワードグローバルアドレス健康余命サブネットマスク静的IPマスカレード田中卓志ギガナビスナビス貞光将棋

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone