コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交換法 こうかんほうexchange method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交換法
こうかんほう
exchange method

測定方式の1種。測定量と既知の基準量との測定器内での位置を交換し,前後2回の測定結果から測定値を求める方式で,測定器の器差を避けて精度のよい測定が行える。たとえば,精密てんびんでの交換秤量で物分銅を交換した2回の測定の平均として測定値を求めるのは,てんびんの腕の長さの違いによる器差を消去するためである。光度の測定で測定光源と標準光源の位置を交換して2回測定するのも交換法である。置換法の変形とみなせる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

交換法の関連キーワードプラズマフェレーシスフルブライト教育計画ポリカーボネートシェーカーソート人工肝補助療法ジスプロシウムイエローケーキ加藤木 重教核燃料再処理重症筋無力症バブルソートウラン濃縮安定度定数加藤木重教測定の方法強化ガラスアーベル群ハフニウム濃縮ウランジルカロイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android