コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交換法 こうかんほうexchange method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交換法
こうかんほう
exchange method

測定方式の1種。測定量と既知の基準量との測定器内での位置を交換し,前後2回の測定結果から測定値を求める方式で,測定器の器差を避けて精度のよい測定が行える。たとえば,精密てんびんでの交換秤量で物分銅を交換した2回の測定の平均として測定値を求めるのは,てんびんの腕の長さの違いによる器差を消去するためである。光度の測定で測定光源と標準光源の位置を交換して2回測定するのも交換法である。置換法の変形とみなせる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

交換法の関連キーワードプラズマフェレーシスフルブライト教育計画シェーカーソートポリカーボネート人工肝補助療法イエローケーキジスプロシウム重症筋無力症加藤木 重教核燃料再処理バブルソート加藤木重教強化ガラスハフニウムジルカロイウラン濃縮安定度定数濃縮ウラン測定の方法アーベル群

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android