交通反則金通告制度(読み)こうつうはんそくきんつうこくせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反則金制度の一つ。道路交通法違反の事件について認められる特別の制裁手続 (道路交通法9章「反則行為に関する処理手続の特例」) 。急増した交通違反事件を刑事手続外で簡易迅速に処理するために,1967年に導入された。その対象は比較的軽微な違反行為であり,同法別表による反則の種類と車両区分に従って3万 5000円から 4000円の反則金を定めた行為 (反則行為) である。警察官は反則者があるとその者に事実の要旨,反則行為の種別,反則金の通告を受けるべき期日および場所を書面で告知し,都道府県警察本部長に報告する。警察本部長は反則者と認めれば反則金を通告し,反則者が 10日以内にそれを納付すれば公訴は提起されない (128条2項) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android