コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京山若丸 きょうやま わかまる

1件 の用語解説(京山若丸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京山若丸 きょうやま-わかまる

1877-1956 明治-昭和時代の浪曲師。
明治10年生まれ。大阪の2代京山恭安斎に入門。関西において新作もの一筋でとおし,「乃木将軍」「江藤新平」などを自作自演。初代桃中軒雲右衛門(とうちゅうけん-くもえもん),2代吉田奈良丸,初代京山小円とともに明治末の第1期浪曲黄金時代をきずいた。昭和31年7月22日死去。79歳。広島県出身。本名は坂上仁三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

京山若丸の関連キーワード寿々木米若東家楽燕春日井梅鶯(初代)春日清鶴木村重松(初代)天中軒雲月(初代)梅中軒鶯童林伯猿二葉百合子吉田奈良丸(3代)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone