人事相談制度(読み)じんじそうだんせいど(英語表記)counselling system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人事相談制度
じんじそうだんせいど
counselling system

仕事上や職場での人間関係,あるいは家庭問題で悩みがあるとき,それを相談できる機関を設置する制度。相談に応じる有資格者をカウンセラーという。企業はいってみれば人間関係が複雑に入組んだ組織体で,そのなかで時に神経症にかかる従業員も少なくない。放置しておけば精神病にもなりかねないところを未然に防ぐというねらいがある。人間関係で神経的に弱っている者が職場にいることは,その組織にとって生産性が低下するという問題もあり,日本でも普及しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android