コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工光 ジンコウコウ

カメラマン写真用語辞典の解説

人工光

 人工的な 光源 から発せられた光。蛍光灯や電灯といった照明器具やストロボなどはもちろん、ネオン管やブラウン管、発光ダイオードまで、種類は無数。光源の種類によってさまざまな特性の光を放ち、見た目と写真では大きく発色が異なることもあるので撮影時には注意が必要。 → 自然光 / ストロボ 光

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

人工光の関連キーワードフィルター(写真撮影用器材)バイオマスによる食糧生産バイオミメティックスアレキサンドライトアーティフィシャル完全閉鎖型植物工場スターウオッチングテルブリュッヘン植物工場システム二酸化炭素の固定ナトリウムランプパールスタインライト・アートダークステージライト・アート季節性うつ病ベークランド日長調節栽培光電池時計夜行性動物

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工光の関連情報