無数(読み)ムスウ

デジタル大辞泉の解説

む‐すう【無数】

[名・形動]数えきれないほど多いこと。また、そのさま。「無数な(の)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐しゅ【無数】

〘名〙 (「しゅ」は「数」の呉音) =むすう(無数)
※凌雲集(814)奉和観佳人蹋歌御製〈小野岑守〉「春女春粧言不及、無量無数満華庭
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)一「もと無数(ムシュ)(〈注〉カスモシラヌ)のほとけにしたがひて、具足してもろもろの道を行じたまへり」

む‐すう【無数】

〘名〙 (形動)
① 数かぎりなく多くあること。かぞえきれないこと。また、そのさま。
※古学先生詩集(1717)二・蓮「忽見紅衣映緑帷、藕花無数吐花時」 〔戦国策‐秦策・孝文王〕
② 多かったり少なかったりで定まった数が無いこと。また、そのさま。〔周礼‐春官・序官〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android