無数(読み)ムスウ

  • むしゅ

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
数限りなく多いこと。数えきれないほどに多いこと。また、そのさま。 -の星

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「しゅ」は「数」の呉音) =むすう(無数)
※凌雲集(814)奉和観佳人蹋歌御製〈小野岑守〉「春女春粧言不及、無量無数満華庭
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)一「もと無数(ムシュ)(〈注〉カスモシラヌ)のほとけにしたがひて、具足してもろもろの道を行じたまへり」
〘名〙 (形動)
① 数かぎりなく多くあること。かぞえきれないこと。また、そのさま。
※古学先生詩集(1717)二・蓮「忽見紅衣映緑帷、藕花無数吐花時」 〔戦国策‐秦策・孝文王〕
② 多かったり少なかったりで定まった数が無いこと。また、そのさま。〔周礼‐春官・序官〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無数の関連情報