コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人感センサー

3件 の用語解説(人感センサーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

人感センサー

富士通ゼネラルのエアコンに搭載されている省エネ機能のひとつ。人の動きと湿度を検知し温度をコントロールし、室内から人がいなくなると自動的に省エネ運転に切り替える機能。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんかん‐センサー【人感センサー】

人間の接近や所在を検知するためのセンサー。体表面から発せられる赤外線を感知したり、超音波マイクロ波を発し、人間からの反射波を捉えたりするものがある。照明の点灯、トイレの便器の洗浄、防犯設備などに利用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

人感センサー

人間の所在を検知するためのセンサのこと。赤外線、超音波、可視光などが用いられる。業務用の場合、赤外線と超音波を組み合わせるといった設備のこともあるが、一般家庭用の場合は赤外線のみであることが多い。水栓の自動開栓、玄関照明の自動点灯、トイレの自動水洗などで用いられている。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人感センサーの関連キーワードシグネチャー検出器アルコールインターロックECO水センサーセンサの日日射センサーひとセンサー間取りセンサー床面検知センサー業務分掌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人感センサーの関連情報