人見卜幽軒(読み)ひとみ ぼくゆうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見卜幽軒 ひとみ-ぼくゆうけん

1599-1670 江戸時代前期の儒者。
慶長4年3月生まれ。人見竹洞(ちくどう)の伯父。菅(かん)得庵,林羅山にまなぶ。のち常陸(ひたち)水戸藩主徳川頼房の侍講となり,光圀(みつくに)につかえた。寛文10年7月8日死去。72歳。京都出身。本姓は小野。名は壱。字(あざな)は道生別号に林塘。著作に「五経童子問」「土佐日記附註」「東見記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android