コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人見卜幽軒 ひとみ ぼくゆうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見卜幽軒 ひとみ-ぼくゆうけん

1599-1670 江戸時代前期の儒者。
慶長4年3月生まれ。人見竹洞(ちくどう)の伯父。菅(かん)得庵,林羅山にまなぶ。のち常陸(ひたち)水戸藩主徳川頼房の侍講となり,光圀(みつくに)につかえた。寛文10年7月8日死去。72歳。京都出身。本姓は小野。名は壱。字(あざな)は道生別号に林塘。著作に「五経童子問」「土佐日記附註」「東見記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

人見卜幽軒の関連キーワード小宅処斎人見懋斎儒者

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android