コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人見必大 ひとみ ひつだい

2件 の用語解説(人見必大の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見必大 ひとみ-ひつだい

1642ごろ-1701 江戸時代前期の医師,本草家。
人見玄徳の子。寛永19年ごろの生まれ。本格的な食物本草の書として元禄(げんろく)5年「本朝食鑑(ほんちょうしょっかん)」をあらわした。元禄14年6月16日死去。60歳?本姓は小野。名は正竹。字(あざな)は千里。通称は伝左衛門平野必大,野(や)必大ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

人見必大

没年:元禄14.6.16(1701.7.21)
生年:寛永19?(1642)
江戸前期の本草学者,食物研究家。幕府の侍医随祥院元徳の子。小野必大が本来の氏名で,中国風に野必大とも名乗った。先祖が源頼朝から人見姓を与えられたとの伝承により,人見姓を通称とした。千里,丹岳とも号した。食生活が豊かになり,食物と健康の関係に関心が集まった元禄期に,本格的な食物本草の書『本草食鑑』(1697)を刊行した。同書は多数の食品を健康への良否を中心に解説し,民間行事や民間伝承の紹介も多く民俗学的にも重要視されている。延宝1(1673)年,禄300石を継ぎ,幕府の医官として波乱なく過ごした。<参考文献>古島敏雄『日本農学史』1巻(『古島敏雄著作集』5巻)

(筑波常治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の人見必大の言及

【本朝食鑑】より

…江戸前期の食物本草書。医家の人見必大(ひとみひつだい)が1692年(元禄5)に著した遺稿を,子の元浩が岸和田藩主岡部侯の出版助成をうけ,97年に12巻10冊本として刊行した。庶民の日常生活の食膳にのぼることの多い国産食物に重点をおき,実地検証したものに限って品目を撰定,品名も従来の食物本草書にみるような漢名中心を排し,和名中心としている。…

※「人見必大」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

人見必大の関連キーワード松岡玄達山本章夫本草阿部将翁白井光太郎本草家本草学浅野春道植村政勝木内政章

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone