コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人質を取る行為に関する国際条約 ひとじちをとるこういにかんするこくさいじょうやく International Convention Against the Taking of Hostages

1件 の用語解説(人質を取る行為に関する国際条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人質を取る行為に関する国際条約
ひとじちをとるこういにかんするこくさいじょうやく
International Convention Against the Taking of Hostages

何らかの要求を強要する目的をもって人質を取る行為を国際的協力によって防止し,処罰するための条約。 1979年 12月7日に国連第 34回総会において採択された。その第1条で,国家,集団,個人に対して強要する目的で人質を取る行為を犯罪と定め,以下,締約国に対し人質の解放,犯罪の防止,裁判権の設定のほか,犯罪の訴追にかかわる手続きについて詳細を定めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人質を取る行為に関する国際条約の関連キーワード社会組織デモンストレーション人質運動費営利強要巡見多目的職務強要罪と行政対象暴力えせ同和行為

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone