コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間以上

2件 の用語解説(人間以上の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

人間以上

米国の作家シオドア・スタージョンのSF小説(1953)。原題《More than Human》。ミュータント・テーマSFの代表作。国際幻想文学大賞受賞(1954)。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人間以上
にんげんいじょう
More Than Human

幻想派のSF作家シオドア・スタージョンの代表作。1953年刊。手を触れないで物を動かせる少女、瞬時に姿を消せる双生児恐るべき記憶力をもつ不良少年、すこしも成長せずにコンピュータのように知識を蓄えていく赤ん坊。この奇妙な5人が25歳の白痴の男の周囲に集まったとき、彼らはゲシュタルト生命を形成して高次な存在となる。ひとりひとりでは中途半端な彼らも、6人がその力を結集すれば、人類を破滅に導くほどの恐ろしい力を発揮できるのだ。彼らは個々の人間であると同時に、単一の生物でもあり、白痴がこの有機体の頭脳であった。超存在の誕生と成長を描くユニークアメリカのSF。[厚木 淳]
『矢野徹訳『人間以上』(ハヤカワ文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人間以上の関連情報