コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間崇拝 にんげんすうはいanthropolatry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間崇拝
にんげんすうはい
anthropolatry

特定の人間を神格化して,これを崇拝すること。生者の場合も死者の場合もあり,帝王や特別の霊能を有するとされる祭司など,その対象は多種多様である。死者の場合は,死霊崇拝祖先崇拝となる。キリスト教などの唯一神教や,現代の合理主義的平等観は,理論的には人間崇拝を認めないが,聖者崇敬や英雄崇拝などの形で現れ,民衆の主観的次元では明確に区別しがたい場合も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

人間崇拝の関連キーワードソロビヨフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android