コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英雄崇拝 エイユウスウハイ

デジタル大辞泉の解説

えいゆう‐すうはい【英雄崇拝】

英雄のすぐれた才能武勇を褒めたたえ、尊ぶこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えいゆうすうはい【英雄崇拝 On Heroes,Hero‐Worship,and the Heroic in History】

イギリスの思想家カーライルの哲学的・伝記的論説。1840年6回の連続講演として公にされ,41年出版。原題は《英雄,英雄崇拝,および歴史における英雄的なもの》。彼によれば,英雄とは歴史に指導的影響力を振るう個人であり,それは天から彼らに課された義務である。英雄は予言者,詩人,帝王などさまざまな姿をとるが,人は真に優れた人物を崇拝し,信従せねばならない。日本でも1898年(明治31),土井晩翠によって訳出され,原文とともに広く読まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいゆうすうはい【英雄崇拝】

超人的な力をもつとみなされた人物を、半神ないし神に準ずる存在としてたたえ、崇拝すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

英雄崇拝の関連キーワードカーライル(Thomas Carlyle)コンディービー記念騎馬像個人崇拝人間崇拝市民宗教住谷天来半神存在

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android