コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁丹 じんたん

1件 の用語解説(仁丹の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じんたん【仁丹】

口中清涼剤。1905年に大阪の薬種商の森下南陽堂(1893年,森下博が創業)から発売された。同時に森下博薬房と改称された同社は,創業以来〈広告益世〉を事業目標の一つに掲げ,その広告活動は第2次世界大戦までの日本の広告界において突出していた。当時の大衆のあこがれであった大礼服姿を,ドイツの宰相ビスマルク像をもとにデザイン化して商標とし,商品名には儒教の五常(仁義礼智信)の最初の文字で文字の王とされる〈仁〉をとるなど,日清・日露戦争時の世相にあわせて好評を得,新聞・雑誌の1ページ広告,看板,電柱広告などによる効能広告とあいまって,発売2年目で日本の家庭薬の売上げの第1位に躍進している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仁丹の関連キーワード春琴抄一服の清涼剤定斎清涼剤薬種屋薬種商稲野信濃春琴・佐助谷新助三国仁兵衛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仁丹の関連情報