コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁済 にんせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁済 にんせい

?-1204 平安後期-鎌倉時代の僧。
真言宗。念範(ねんぱん)に密教をまなび,勧修(かじゅう)寺の寛信(かんじん)より灌頂(かんじょう)をうける。のち高野山真別所に地蔵院をたてて退隠した。大納言阿闍梨(あじゃり)とよばれた。元久元年6月8日死去。京都出身。俗姓は源(みなもと)。法名ははじめ尊海。号は地蔵房。著作に「秘密決疑抄」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仁済の関連キーワード新政治国民会議鎌倉時代金 学元新韓国党摂応晋恒真言宗玄証

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android