コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧修 かんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勧修 かんしゅう

945-1008 平安時代中期の僧。
天慶(てんぎょう)8年生まれ。比叡(ひえい)山で天台宗の余慶らにまなぶ。長徳3年園城寺(おんじょうじ)長吏となり,長保2年(1000)藤原道長の帰依(きえ)をうけ,大僧正にすすむ。寛弘(かんこう)2年道長がたてた宇治浄妙寺の検校に任じられた。寛弘5年7月8日死去。64歳。京都出身。通称は長谷(ながたに)僧正,木幡大僧正。諡号(しごう)は智静。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勧修の関連キーワード京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町勧修寺(かんしゅうじ)京都府京都市山科区浄妙寺(京都府)寛欽入道親王済深入道親王尊孝入道親王宗意(1)行海(2)行円(1)勧修寺教秀寛胤法親王大乗起信論恒弘法親王勧修寺経広大石順教雲照律師十三門跡山科門跡勧修寺家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勧修の関連情報