今井金衛門(読み)いまい きんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井金衛門 いまい-きんえもん

1800-1847 江戸時代後期の武士。
寛政12年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。藩主徳川斉昭(なりあき)がすすめる天保(てんぽう)の改革のさなか,寺社奉行となり仏教を排斥。寺院の反発をまねき,天保15年斉昭が幕府から処分をうけたとき,免職謹慎となった。弘化(こうか)4年10月13日死去。48歳。名は惟典(これすけ)。字(あざな)は由生。号は紐蘭(ちゅうらん)。著作に「桃の三千代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android