今城媋子(読み)いまき たつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今城媋子 いまき-たつこ

1809-1875 江戸時代後期の女官。
文化6年10月17日生まれ。仁孝天皇後宮につかえ掌侍(ないしのじょう)となる。弘化(こうか)3年天皇の死去後,剃髪(ていはつ)して孝順院と号した。嘉永(かえい)7年召し使いの失火内裏(だいり)が類焼した責任をとわれ閉門となった。明治8年6月7日死去。67歳。京都出身。初名は敏子。通称は満喜,おまき,今参など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android