コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今小路範成 いまこうじ のりしげ

1件 の用語解説(今小路範成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今小路範成 いまこうじ-のりしげ

1820-1864 幕末の地下(じげ)。
文政3年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士の景山(かげやま)竜造らに儒学をまなぶ。今小路家の跡をつぎ,京都輪王寺兼毘沙門(びしゃもん)堂の坊官となり,大蔵卿と称する。鳥取藩に勤王を説いたが,藩の財政再建のための貿易を論じて攘夷(じょうい)派ににくまれ,元治(げんじ)元年6月3日暗殺された。45歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。本姓は杉谷。通称は孝兵衛。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今小路範成の関連キーワード元治捕鯨清水次郎長三浦命助宮部鼎蔵阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone