コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今小路範成 いまこうじ のりしげ

1件 の用語解説(今小路範成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今小路範成 いまこうじ-のりしげ

1820-1864 幕末の地下(じげ)。
文政3年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士の景山(かげやま)竜造らに儒学をまなぶ。今小路家の跡をつぎ,京都輪王寺兼毘沙門(びしゃもん)堂の坊官となり,大蔵卿と称する。鳥取藩に勤王を説いたが,藩の財政再建のための貿易を論じて攘夷(じょうい)派ににくまれ,元治(げんじ)元年6月3日暗殺された。45歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。本姓は杉谷。通称は孝兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

今小路範成の関連キーワード堀利堅地下侍地下人地下の公卿地下の諸大夫地下派地下連歌露地下駄駅チカ世界の地下鉄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone