コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川泰範 いまがわ やすのり

2件 の用語解説(今川泰範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今川泰範 いまがわ-やすのり

1334-1409 南北朝-室町時代の武将。
建武(けんむ)元年生まれ。今川範氏の次男。兄氏家が早世したため,還俗(げんぞく)して家督をつぎ,駿河(するが)(静岡県)守護となる。明徳の乱,応永の乱で戦功をたて,遠江(とおとうみ)(静岡県)守護もかねた。応永16年9月26日死去。76歳。法名は法高。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今川泰範

生年:生没年不詳
南北朝・室町時代前期の武将。範氏の次男。上総介。はじめ鎌倉建長寺に入寺したが,兄氏家の死により還俗して家督を継ぐ。応安2/正平24(1369)年までには駿河守護となり,応永2(1395)年からは遠江守護を兼任。永和4/天授4(1378)年には室町幕府侍所頭人となっている。嘉慶2/元中5(1388)年の将軍足利義満の駿河下向に際してはそれをもてなし,山名氏清,大内義弘それぞれ幕府に背いた明徳の乱,応永の乱において戦功をあげた。『今川家譜』には応永16年9月26日(1409年11月3日)76歳で没したとあるが不詳。法名については『今川家略記』に「長慶寺殿大山仲高大禅定門」とあるが「法高」が正しい。<参考文献>小和田哲男『駿河今川一族』

(長谷川弘道)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の今川泰範の言及

【駿河国】より

…旧国名。駿州。現在の静岡県の中東部,大井川以東,伊豆半島を除く地域に位置する。
【古代】
 東海道に属する上国(《延喜式》)。国名スルガは,富士川以東の地域にあった〈珠流河国〉の名を継承したものと思われる。珠流河国造と廬原(いおはら)国造の支配領域をあわせて駿河国が形成されるのは7世紀中葉と思われ,680年(天武9)には2郡を割いて伊豆国を分置した。志太(しだ),益頭(津)(ましつ),有度(うと),安倍,廬原,富士,駿河の7郡を有し,当初は中国であったが,奈良時代末の768年(神護景雲2)ころまでには上国に転じた。…

※「今川泰範」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今川泰範の関連キーワード大館氏清北畠顕泰五条良量佐竹義盛斯波兼頼少弐貞頼武田信春長瀬泰貞波多野通郷遊佐国長

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone