今川記(読み)いまがわき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今川記
いまがわき

『富麓記』ともいう。戦記。5巻,追加1巻。斎藤道斎著。天文 22 (1553) 年成立。室町時代後期,今川氏親家督を継いだ由来や,縁者伊勢長氏 (北条早雲) が堀越公方一族を伊豆韮山に滅ぼす顛末を記述。戦国大名分国法として有名な『今川仮名目録』『仮名目録追加』を併載。『史籍集覧』『続群書類従』に収録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android