顛末(読み)てんまつ

精選版 日本国語大辞典「顛末」の解説

てん‐まつ【顛末】

〘名〙 ((いただき)から末までの意) 始めから終わりまでのいきさつ。全部の事情。
※翰林葫蘆集(1518頃)一二・悦岩忻公大禅定門活下火「予嘗賛于其寿像、且述其行事顛末
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺・序「王女(わんにょ)白縫の顛末(テンマツ)」 〔戴復古‐訪陳与機県尉於湘潭下摂市〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「顛末」の解説

てん‐まつ【×顛末】

《「顛(いただき)」から「末(すえ)」までの意》事の最初から最後までの事情。一部始終。「事件の顛末

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android