今村 方策(読み)イマムラ ホウサク

20世紀日本人名事典の解説

今村 方策
イマムラ ホウサク

昭和期の陸軍大佐



生年
明治33(1900)年1月4日

没年
昭和24(1949)年4月24日

出身地
宮城県仙台市

学歴〔年〕
陸軍士官学校〔大正10年〕卒

経歴
野砲学校教官、山砲連隊中隊長から昭和17年8月、関東軍参謀部付。20年の終戦時、中国山西省にいた今村は、閻錫山の要請で、日本軍1個師団とともに合体して共産軍に対抗した。しかし24年4月、敗れて首都太原を開城、事は終わった。山西省政府顧問補佐の城野宏は、再起を図ったが今村は「軍人のおれにはできない、後は頼む」と言い残し、4月24日服毒自決した。自決軍人の最後の一人。陸軍大将今村均の弟。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

今村 方策 (いまむら ほうさく)

生年月日:1900年1月4日
昭和時代の陸軍軍人
1949年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android