コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閻錫山 えんしゃくざん Yan Xi-shan

8件 の用語解説(閻錫山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閻錫山
えんしゃくざん
Yan Xi-shan

[生]光緒9(1883).10.8. 山西,五台
[没]1960.5.23. 台北
中国の政治家。山西軍閥の領袖。日本陸軍士官学校在学中,中国革命同盟会に加入。辛亥革命の際挙兵し,中華民国成立後山西都督となり,その後の 38年間山西省の実権を握った。山西モンロー主義を唱えたが,国民政府の北伐に協力して一時モンロー主義を放棄し,北伐完成後は内政部長,陸海空軍副司令などに就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐しゃくざん【閻錫山】

[1883~1960]中国の軍人・政治家。辛亥(しんがい)革命を機に、山西省の軍および政権を握った。対日戦中は蒋介石(しょうかいせき)に協力。国民政府(台湾)の行政院長兼国防部長。イェン=シーシャン。

イェン‐シーシャン【閻錫山】

えんしゃくざん(閻錫山)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

閻錫山【えんしゃくざん】

中華民国の軍閥,政治家。山西省五台県の人。1909年日本の陸軍士官学校卒。中国同盟会会員,1912年山西都督。以後山西王といわれ実権を把握し,軍閥抗争,国共内戦,抗日戦の中で軍閥として重視されたが,1949年解放軍に敗れ,台湾へ逃げた。
→関連項目太原傅作義陽泉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

閻錫山 えん-しゃくざん

1883-1960 中国の軍人。
光緒9年9月8日生まれ。辛亥(しんがい)革命に参加。中華民国時代には山西モンロー主義をとなえて山西王国をきずいた。1949年人民解放軍と太原でたたかうが敗北。台湾にのがれ国民政府の役職を歴任した。1960年5月23日死去。78歳。日本の陸軍士官学校卒。字(あざな)は百川。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

えんしゃくざん【閻錫山 Yán Xī shān】

1883‐1960
中国,山西軍閥の統領。山西省五台県の生れ。字は百川。日本留学中に同盟会に加入,辛亥革命に参加して山西都督となる。以後独自の建設計画を遂行しつつ山西を地盤に独立した政治勢力を築き,〈山西王〉とよばれた。1927年北伐に協力したが,30年馮玉祥(ふうぎよくしよう)らと反蔣戦争を起こし,失敗。以後蔣介石の〈消極抗日,積極反共〉と歩みをともにし,抗日戦争後ともに内戦を起こす。49年太原から台北へ逃れた。【石田 米子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんしゃくざん【閻錫山】

1883~1960) 中国の軍人・政治家。辛亥しんがい革命に参加、のちに山西軍閥の領袖となる。蔣介石と対立したが、抗日戦後、蔣とともに内戦を起こし台湾に逃れた。イエン=シーシャン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閻錫山
えんしゃくざん / ヤンシーシャン
(1883―1960)

中国の軍人、政治家。山西(さんせい/シャンシー)省五台(ごだい/ウータイ)県の人。1909年(明治42)日本の陸軍士官学校歩兵科を卒業。辛亥(しんがい)革命に参加。以後、民国時代を通じて事実上の山西王国を築いた。とくに1917~1927年、1932~1937年には「山西モンロー主義」を唱え、風俗改革、工鉱業振興に努めたが、農民にとって切実な土地問題には反動的政策に終始した。日中戦争で日本軍、八路軍、国民党軍の三者に地盤を崩され、第二戦区司令長官に就任。1949年春、人民解放軍が閻の拠点の太原(たいげん/タイユワン)をおとすと、南京(ナンキン)、広州(こうしゅう/コワンチョウ)へ逃げ、1949年6月国民政府の行政院長についたが、まもなく台湾へ逃れ、いくつかの名誉職についた。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の閻錫山の言及

【軍閥】より

…同年末の張学良の〈易幟(えきし)〉によって蔣介石による全国統一が完成するが,それは国民党の新軍閥化とむすびついていたのであって,南京国民政府は非北洋系軍閥の寄合所帯となったのである。西北の馮玉祥,山西の閻錫山(えんしやくざん),広西の李宗仁,広東の李済深がそれで,彼らは1929‐31年にかけて反蔣戦争を発動し,広東独立をおこなった。英米が蔣介石をおしたのに対し,反蔣派は日本にちかづいた。…

【中華民国】より

…北洋軍閥の支配時期は1000回をこえる大小の内戦が行われた時代であった。かくして,北洋支配を打倒するための北伐,国民革命の開始されるころの形勢は,東北を地盤に北京を扼(やく)する張作霖を中心に,両湖(湖南・湖北省)の呉佩孚(ごはいふ),江南の孫伝芳,山東の張宗昌,山西の閻錫山(えんしやくざん),陝西の馮玉祥といったところが華中・華北に割拠するという状況だったのである。軍閥
[北伐]
 この間,中国は第1次世界大戦の協商国側に参戦して戦勝国の一員となった。…

※「閻錫山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

閻錫山の関連キーワード五台山山西省山西清涼山雲崗衛綰山西省の日本兵残留問題広島県呉市焼山西無梁殿山西省博物館

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

閻錫山の関連情報