今村弥次兵衛(読み)いまむら やじべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村弥次兵衛 いまむら-やじべえ

1635-1717 江戸時代前期の陶工。
寛永12年生まれ。三川内(みかわち)焼初代今村三之丞の子。従来の陶土に天草陶石をくわえ,三川内白磁を完成。朝廷や幕府への献上品もつくる。肥前平戸藩(長崎県)の馬廻格となり,没後は如猿大明神としてまつられた。享保(きょうほう)2年3月9日死去。83歳。名は正名。号は如猿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android