コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村清之助 いまむら せいのすけ

2件 の用語解説(今村清之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村清之助 いまむら-せいのすけ

1849-1902 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)2年3月3日生まれ。明治3年横浜で両替屋をひらく。11年東京株式取引所設立の発起人ひとりとなる。17年陸奥宗光(むつ-むねみつ)と外遊。19年両毛鉄道の設立にくわわり,のち九州,関西などの鉄道経営にも参加。21年今村銀行を創設した。明治35年9月26日死去。54歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

今村清之助

没年:明治35.9.26(1902)
生年:嘉永2.3.3(1849.3.26)
明治期の鉄道家。信濃国(長野県)下伊那郡の農家の次男。商人を志し,横浜で行商,露天商などに従事。明治11(1878)年5月東京株式取引所設立発起人のひとりで同仲買人。17年4月陸奥宗光に同行して約5カ月間の欧米漫歩,帰国後『外遊漫録』をまとめる。19年11月の両毛鉄道の設立に際して発起人(のち社長代理)となり,鉄道家として第一歩を踏み出す。そののち九州,関西,山陽をはじめ,数多くの鉄道会社に関係を持つ。21年12月設立の今村銀行は鉄道家今村の「機関銀行」。株式仲買人出身の鉄道家という異色の人物。<参考文献>野田正穂他編『日本の鉄道』

(武知京三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今村清之助の関連キーワード正岡子規熱雲ジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成花崗岩武江年表スロバキア文学広岡浅子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone