コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村清之助 いまむら せいのすけ

2件 の用語解説(今村清之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村清之助 いまむら-せいのすけ

1849-1902 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)2年3月3日生まれ。明治3年横浜で両替屋をひらく。11年東京株式取引所設立の発起人のひとりとなる。17年陸奥宗光(むつ-むねみつ)と外遊。19年両毛鉄道の設立にくわわり,のち九州,関西などの鉄道経営にも参加。21年今村銀行を創設した。明治35年9月26日死去。54歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今村清之助

没年:明治35.9.26(1902)
生年:嘉永2.3.3(1849.3.26)
明治期の鉄道家。信濃国(長野県)下伊那郡の農家の次男。商人を志し,横浜で行商,露天商などに従事。明治11(1878)年5月東京株式取引所設立発起人のひとりで同仲買人。17年4月陸奥宗光に同行して約5カ月間の欧米漫歩,帰国後『外遊漫録』をまとめる。19年11月の両毛鉄道の設立に際して発起人(のち社長代理)となり,鉄道家として第一歩を踏み出す。そののち九州,関西,山陽をはじめ,数多くの鉄道会社に関係を持つ。21年12月設立の今村銀行は鉄道家今村の「機関銀行」。株式仲買人出身の鉄道家という異色の人物。<参考文献>野田正穂他編『日本の鉄道』

(武知京三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今村清之助の関連キーワード桃沢匡衡飯田線市村咸人信濃路園原辰野伊藤大八北原亀二森多平森本海寿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone