今村豊(読み)いまむらゆたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今村豊
いまむらゆたか

[生]1896.9.18. 長崎
[没]1971.1.13. 津
解剖学者,人類学者。 1921年京都大学卒業。京城帝国大学教授,第2次世界大戦後広島大学,新潟大学の各教授,三重県立大学の教授,医学部長を歴任。東アジア諸人種の比較研究で著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村豊 いまむら-ゆたか

1896-1971 昭和時代の解剖学者,人類学者。
明治29年9月18日生まれ。京城帝大教授をへて,昭和23年広島県立医大教授。のち新潟大,三重県立医大の教授となる。形質人類学,骨格人類学の研究をした。昭和46年1月13日死去。74歳。長崎県出身。京都帝大卒。著作に「形質人類学の一問題」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今村豊の関連情報