形質人類学(読み)けいしつじんるいがく

精選版 日本国語大辞典の解説

けいしつ‐じんるいがく【形質人類学】

〘名〙 自然人類学の一分野。皮膚や眼の色、毛髪の色や形状、血液型、身長や頭型など、人類の身体の形と質を比較研究して、人種分類や系統関係、遺伝、環境による変化などを分析する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の形質人類学の言及

【自然人類学】より

…ギリシア語の人間anthrōposと学問logosを語源とする人類学は,文字どおり人間の科学である。形質人類学とも呼ぶ。しかし今日では,医学,社会学,経済学,哲学,心理学など広い意味で人間の科学といえる学問は数多く,単に人間の科学というだけでは人類学の定義として不十分である。…

※「形質人類学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android