今様能(読み)イマヨウノウ

デジタル大辞泉の解説

いまよう‐のう〔いまヤウ‐〕【今様能】

能を通俗化した芸能で、明治時代に泉祐三郎が創始。面を廃し、三味線を加え、女性を参加させたりしたが、大正時代に解散。泉助能(せんすけのう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いまようのう【今様能】

明治時代、泉祐三郎が始めた能風の芸能。照葉てりは狂言を改良、女の役者をまじえ、面を用いず、舞に三味線を用いる。せんすけのう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の今様能の言及

【照葉狂言】より

…囃子は能の楽器のほかに三味線を加えた。今様能,吾妻能狂言,泉祐(仙助)能(せんすけのう)などと呼ぶのも同系統。名称の由来はわかっていない。…

※「今様能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android